投資顧問徹底分析.com > コラム > 株式投資をやるなら押さえておくべき基礎知識

株式投資をやるなら押さえておくべき基礎知識

株式投資に興味があるという方は多いと思います。
関連書籍、またインターネットには株式投資のノウハウを公開した記事や、多くの商材が出回り、今では特に株式投資に関する知識が特になくとも株式投資が出来てしまう時代です。

しかし、いくら勝てるノウハウや手法があったとしても、経済はいつ何が起こるか分かりません。
思わぬ大損失を被ってしまわないように、まずは、株式投資と株取引についての基礎知識をしっかり身につけていきましょう。

株式とは

株式会社が事業の元手となる資本金を一般の人から集める手段が「株式」です。
株式はお金を出してくれた人に発行する「証明書」のようなもので、これを保有する人のことを株主と呼びます。

事業のためにお金を出してくれた株主に対して、会社側は上がった利益額に応じて謝礼を支払わなければなりません。
これが配当金です。
株式の保有量が多ければ多いほど、支払われる配当金も多くなります。

「株式」で集めたお金に返済義務はない!

一つ注意したいのが「株式」は「債権」ではないということです。会社側は株主からお金を借りている訳ではないので、原則として株式によって集めたお金を、株主に返済する義務はありません。

また、株式自体の価格も経済や市場の動向などによって常に上下します。
そのため、株主側には常に「会社が倒産してしまった時にお金が返ってこないリスク」「株式の価値が購入時よりも下がってしまうリスク」が発生します。

株式の特徴を利用したビジネスが「株式投資」

リスクに対処する方法として株主には「株式を自由に売買できる権利」「株主総会で会社の事業展開などに干渉できる権利」が与えられています。
このような特徴を上手く利用し、株式の価値が購入時よりも高くなった所で、他人に売却し、利益を得るのが「株式投資」なのです。

株価はどうやって決定されるのか

株価とは「1株あたりの価値」のことを指しますが、株式に書かれている価値では通常売買されません。株式市場において、株価は株式を買いたい人(需要)と株式を売りたい人(供給)のバランスによって決まります。そのため実際、株価は「一番最新の売買取引における1株あたりの価値」のことを指します。

株価を決める2つの方法

株価を決める方法は取引のタイミングによって「ザラ場方式」と「板寄せ方式」の2つに分かれています。午前中と午後の2番めの取引から最終の1つ前の取引までは「ザラ場方式」で、午前中と午後の最初と最後の取引には「板寄せ方式」で株価が決定されます。

「ザラ場方式」について

「ザラ場方式」はいわゆるオークションのような方式です。簡単に言えば「株式を売りたい人が提示した売値」と「株式を買いたい人が提示した買値」が一致したところで売買取引が成立し、その価格が株価になります。

「板寄せ方式」について

一方で午前中と午後の最初と最後の取引の際には、証券取引所が閉まっている時に入った売買注文が溜まってしまいオークションん形式では株価を決めることが難しくなります。

そのため、証券取引所がオープンして最初と最後の取引の時点では、入っている全ての売買注文のバランスを考慮して株価が決定されます。これが「板寄せ方式」です。

株取引とは

株式会社から発行される有価証券が「株式」ですが、買い手がこれを直接会社側から購入することはありません。
通常は証券取引所を通じて株式は売買されます。
このように、証券取引所で行われる株式の売買を「株取引」と呼びます。

株取引が行われる手順

買い手は直接証券取引所に買い注文を出す訳ではなく、証券会社に専用口座を作成し、証券会社を通じて証券取引所に買い注文を出します。
注文を受けた証券会社は、それを証券取引所に取次ぎ、売買が成立すると証券会社を通じて買い手に報告されます。
このような手順で株取引は行われているのです。

また、証券会社は売買取引が成立すると同時に、購入した株式の代金を買い手の専用口座の中で精算。
株式を発行する会社側に売買取引が成立したという報告をします。

口座を開設すれば誰でもすぐに株取引が出来る

この説明を聞いただけでは、株式の売買には時間がかかりそうなイメージがありますが、そんなことはありません。
証券会社に口座を開設し、購入資金を振り込むとパソコンですぐに売買取引ができてしまいます。
このようにスピーディーに株取引ができることと、常に変動する株価の変動を利用し、1日に多くの株取引を重ねることで利益を積み重ねるのが「デイトレード」と呼ばれる株式投資手法です。

より手堅い株式投資をするために

いかがでしたか?いくら勝てるノウハウを持っていたとしても、それでずっと勝ち続けられるとは限りません。
もし、イレギュラーなことが起こってしまった時にも、株式投資の基礎知識をしっかり身につけていれば、原因や対処方法を冷静に分析できる可能性も出てきます。
ご自身の大切なお金を投資する訳ですから、株式投資の基礎知識や株取引の仕組みをしっかりと理解して、より手堅い株式投資を目指しましょう。